asia gateway
loginmembership
add favoritesemail
[Busan AsiaGateway] 繰り返される「選挙カーの騒音問題」 - 「釜山ㆍ慶南」 旅行ㆍ情報の窓口
全体 釜山 News FEATURE EVENT
 
News > 釜山News
twitter    facebook       拡大 縮小 プリント
繰り返される「選挙カーの騒音問題」
[発行日]  2010-05-26 오후 1:18:03

「本に迷惑です。市民に迷惑をかけるような候補者には絶投票しません。

のたびに持ち上がる選拡声器による音問題が、6月2日行われる地方選(日本の統一地方選たる)でも繰り返されている。釜山だけで1日100件以上の被害けが警察や選管理委員に寄せられている。

通常、音量は100デシベルをえている。工事現場は85~90デシベル、地下のホムに電車進入する場合でも100デシベルをえることはない。「住宅地における拡声器使用規定」によるとは70デシベル、昼間は80デシベル、夜間は60デシベルとなっており、音量は「騒音振動規制法」にも違反する。

拡声器による騒音問題のたびにされる理由は、まる規定がないためである。公職選挙法午後から翌朝までの拡声器使用禁止しているだけなので、候補者拡声器音量にまで使わないのだ。このため、候補者たちは住宅街をはじめ、団地商店街などがたくさんまっているところでは、って拡声器のボリュムをげ、支持えることになる。

2008年8月、騒音にたまりかねたある有権者が、「選挙カーの拡声器による騒音で精神的にも肉体的にも被害を受けた。公職選挙法に拡声器の音量基準を定めていないのは幸福追求権と環境権を侵害する」とし、憲法訴願を提起したが棄却された。当時の裁判官は「公職選挙法の規定で拡声器の使用場所や使用台数などが決められており、立法者としての義務を果たしていないとは言えない」という趣旨の意見を述べた。

一方、公職選挙法上釜山市長敎育監日本教育委員長候補者一人につき19区庁長日本首長候補者地域国会議員数じて一人最大まで拡声器装着できる。また、市議員区議員候補者一人につき1装着可能である。


この規定でいくと、釜山地域だけで最大686拡声器付が、都心随所っている計算になる

 






[List]
 

Copyright ⓒ 2009 Asia Gateway All rights reaerved.