asia gateway
loginmembership
add favoritesemail
[Busan AsiaGateway] 釜山の非対面観光地、知ってる?釜山観光公社が選ぶ、7ヵ所 - 「釜山ㆍ慶南」 旅行ㆍ情報の窓口
全体 釜山 News FEATURE EVENT
 
News > Feature
twitter    facebook       max min print
釜山の非対面観光地、知ってる?釜山観光公社が選ぶ、7ヵ所
[write date]  2020-11-11 오후 2:59:17

     ▲昇鶴山のススキ平野(写真提供=釜山観光公社)。


 釜山観光公社(以下公社)は10月26日、「釜山秋の非対面観光地7選」を発表した。「ウィズコロナ」時代のトレンドに合わせ、市内中心部からも近く「社会的距離の確保」も維持した上でゆったりとした時間を過ごせる7ヵ所が選ばれた。秋の行楽シーズンを迎え、既存の観光名所への観光客密集を最小化する目的もある。

 選ばれたのはタンメ山黄土森の道、没雲台(モルンデ)の夕焼け、白羊山(ペギャンサン)ウェルビン(Well-Being)の森、水営史蹟(スヨンサジョク)公園の歴史散歩、昇鶴山(スンハクサン)ススキ平野、牛岩洞(ウアムドン)都市の森、青鶴(チョンハク)排水地展望台の7ヵ所。


▲タンメ山黄土森の道(写真提供=釜山観光公社)。

 金井(クムジョン)区に位置するタンメ山黄土森の道には、美しい自然の景観を見ながら、裸足で歩ける黄土の道がある。国家地質公園に指定されている没雲台は、松林と奇岩怪石が見事な海辺の絶景を演出している。

 釜山の登山好きの間で親しまれている白羊山では、風に揺れるススキを見ながら秋の趣きが楽しめ、歩くのにもちょうどいい。水営史蹟公園内の木が生い茂る森の小道は都会のオアシスと言われ、癒しのスポットとして人気だ。


▲白羊山ウェルビンの森(写真提供=釜山観光公社)。

 昇鶴山のススキ平野は、釜山でも指折りの秋を感じられる場所。白いススキ野原が広がり、トレッキングコースとしても知られている。牛岩洞都市の森は見下ろす全景は、東港(トンハン)聖堂を背景に、まるでブラジルのリオデジャネイロに立つ巨大キリスト像を思わせるような異国情緒ある雰囲気。影島(ヨンド)の青鶴排水地展望台では時間を追って変わる釜山港大橋の様子を見ることができる。

 公社の関係社は「季節ごとの非対面観光地発掘のため、市民の意見を持続的に反映させていく。新型コロナウイルス感染拡大防止と、安全な旅行文化の確立を率先して進めていきたい」と話した。


▲没雲台の夕焼け(写真提供=釜山観光公社)。






[List]
 

Copyright ⓒ 2009 Asia Gateway All rights reaerved.