asia gateway
loginmembership
add favoritesemail
[Busan AsiaGateway] 足の生えたサバ「コドゥンオ」国内外で人気 - 「釜山ㆍ慶南」 旅行ㆍ情報の窓口
全体 釜山 News FEATURE EVENT
 
News > Feature
twitter    facebook       max min print
足の生えたサバ「コドゥンオ」国内外で人気
釜山デザインセンターが開発したキャラクター
[write date]  2018-01-08 오후 1:15:51

釜山の「市の魚」サバをモチーフに㈱デザイン釜山が2012年に開発したキャラクター「꼬등어」(コドゥンオ・写真)が国内外で人気を集めている。コドゥンオはサバが世界各国を旅するというコンセプトで、2本の足が「生えて」いる。コドゥンオの友達の「メギ」(カモメ)、「ナビ」(ネコ)、「コッケシ」(ワタリガニ)も含め計4種のキャラクターがある。

コドゥンオは2013年、ノートやボールペンなどファンシーグッズとして誕生し、最近はアニメやモバイルゲームにまで幅を広げている。アニメはオムニバス形式で、これまでに20回まで製作された。アニメの好評を受け1年後の昨年7月からは総30回の「足の生えたコドゥンオの生存シリーズ」というアニメが追加で製作された。モバイルゲームも誕生した。
 
コドゥンオは海外にも進出している。日本・福岡のデザインセレクトショップ「D12」「D14」や楽天、中国の「HANDS」などでグッズが販売され、好評だという。

地域のデザイン企業がオリジナルキャラクターを作って販売するのはまれなケースだが、ここまで成長するのはかなり異例と言える。デザイン釜山のソ・ムソン代表は「サバは釜山を代表する魚なので親近感を感じてもらえるだろうとは思っていたが、ここまで人気を得るとは思っていなかった。現在、釜山とソウルを中心にショップがあるが、全国的に増やすのが目標だ」と話している。将来的にはキャラクターを利用したサバ料理専門店を開くアイデアも構想中だ。

コドゥンオの活躍はデザイン業界全体にも良い刺激を与えている。釜山デザインセンターのホン・グンソン院長は「日本のご当地キャラクターで、国内外で人気のくまモンのように、釜山を超えグローバルなキャラクターになる可能性もあるだろう」と話している。






[List]
 

Copyright ⓒ 2009 Asia Gateway All rights reaerved.