asia gateway
loginmembership
add favoritesemail
全体 釜山 News FEATURE EVENT

「2016東アジア演劇交流キャンプ」開催 [2016-06-08 오후 2:36:19]
6月8日から12日まで、水営(スヨン)区の「チョンチュンナビ小劇場」と南(ナム)区の「ナダ小劇場」で、「2016東アジア演劇交流キャンプ」が開かれる。キャンプは、日本と台湾の演出家が参加する「俳優交流キャンプ」と、国内外の俳優やスタッフが演..,

「ナショナル・ジオグラフィック展」6月1., [2016-06-02 오후 2:00:07]
文明や自然のミステリー、未知の探検、偉大な発見などを記録した「ナショナル・ジオグラフィック展~未知の探査そして発見」が6月17日、「映画の殿堂」BIFF HILL特別展示場で開幕する。9月18日まで。文明や奥地、宇宙、海洋など、命をかけた人..,

「朝鮮戦争従軍記者イム・ウンシク」写真展 [2016-05-30 오후 4:06:06]
「目に見えるものをありのまま記録して見せることで、そこに内在する目に見えない何かまでをも、見る人に感じさせなければならない」。釜山出身で、韓国リアリズム写真の第1世代であり、韓国で初めて大学で写真を教えた韓国写真界の巨匠イム・ウンシク氏の言..,

釜山港祭り、今年から開幕行事を北港で [2016-05-16 오후 3:41:24]
釜山市と釜山海洋水産庁、釜山港湾公社は、5月27日の開幕行事を皮切りに29日まで「第9回釜山港祭り」を開く。「開港140周年記念、釜山港を市民の胸に!」というテーマで、釜山港国際旅客ターミナルと影島(ヨンド)区の国立海洋博物館で開催する。&..,

写真家・文鎮優『私の心の中のドキュ1枚』., [2016-05-11 오후 3:58:55]
白黒で淡々と伝えられる1980~90年代の釜山の表情は、見慣れているようでいて、新鮮な感じがする。写真の中の空間は私たちが過ごしてきた日常の姿だが、ずっと昔のことのようでもある。写真家ムン・ジヌ(文鎮優)の個人展『私の心の中のドキュ1枚』で..,

溝口健二60周忌特別展、6月2日まで [2016-05-09 오후 4:00:22]
海雲台(ヘウンデ)区の「映画の殿堂」シネマテークは5月6日から6月2日まで、25本の作品を上映する「溝口健二60周忌特別展」を開いている。 小津安二郎、黒澤明と並び日本の古典映画を代表する溝口監督は、長回し(ロングテイク)の映像で..,

映画の殿堂、無料の野外映画上映会 [2016-05-03 오전 11:36:52]
海雲台(ヘウンデ)区の「映画の殿堂」は、5月4日から9月21日まで水曜日の午後8時、野外劇場で無料の映画上映会を開く。5月は「家族映画」というテーマで、4日『赤毛のアン グリーンゲーブルズへの道』、11日『重量★ガールズ キングコングを持ち..,

旧都心で避難生活の体験を [2016-04-26 오전 11:11:47]
5月から始まる「春の旅行週間」に合わせ、釜山の旧都心が朝鮮戦争(1950~53)当時の“避難首都”に変身し、全国の観光客を迎える。釜山市と釜山観光公社は5月1日から2週間、「釜山港へ帰れ、アナログ旅行!」というテーマで旅行プログラムを運営す..,

機張カタクチイワシ祭り、4月22~24日., [2016-04-22 오후 3:35:39]
釜山市機張(キジャン)郡の特産品カタクチイワシをテーマにした「第20回機張カタクチイワシ祭り」が4月22日から24日まで、機張邑の大辺(テビョン)港で開かれる。22日は、開幕祈願祭を皮切りに、競売イベント▽大辺港 特技自慢大会▽ライブ公演▽..,

釜山博物館所蔵の書画展、5月29日まで [2016-04-04 오후 3:40:10]
釜山博物館は、1978年の開館時から収集してきた書画遺物を展示する特別展を開催している。釜山では見る機会が少なかった朝鮮時代の古書画を多数、鑑賞できる機会として注目を集めている。特に「朝鮮後期、釜山地域の画壇の絵画」では、朝鮮後期、釜山地域..,

첫페이지 이전페이지  11   12   13   14   15   16   17   18   19   20  다음페이지 마지막페이지

 

Copyright ⓒ 2009 Asia Gateway All rights reaerved.